カテゴリ: ベビー

赤ちゃんの靴

ついこの間生まれたばかりと思っていた赤ちゃんも、びっくりするようなスピードで寝返りからハイハイ、おすわりが出来るようになっていきます。つかまり立ちから伝い歩きが始まる頃になると赤ちゃんの靴のことも気になってくるのではないでしょうか。。赤ちゃんの初めての靴はきっとこの先、大切な思い出の一足になるはずです。今回は赤ちゃんの靴を準備する時期と、初めて履く靴であるファーストシューズについて、赤ちゃんの靴の選び方とサイズアップの目安について紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの靴が必要になる時期

赤ちゃんの成長

赤ちゃんの成長のスピードは速く、生まれたときの身長約50cm、体重約3,000gから、生後3か月で身長は10cm前後伸び、体重は生まれたときの約2倍になります。生後12か月になると生まれたときより身長は20~28cm伸び、体重は約3倍になります。(※赤ちゃんによって個人差があります。身長体重のパーセンタイルの中に入っていれば何も問題はありませんので心配しないでくださいね。)

ですから早めに赤ちゃんの靴を準備しておいても本当に必要になったときに小さかったり大きかったりして無駄になってしまいます。では赤ちゃんの靴を準備するタイミングはいつが良いのでしょうか。

赤ちゃんの靴を準備するタイミング

赤ちゃんが一人でおすわりができるようになるのは平均で生後7か月~9か月です。その後につかまり立ちをするようになるのが平均で生後8か月~12か月頃。赤ちゃんがつかまり立ちを始めたら、そろそろ靴を準備する時期です。

つかまり立ちを覚えた赤ちゃんは家の中にいるときはもちろん、外出してもどこにいってもつかまり立ちをしようとします。立つことが嬉しくて楽しくて仕方ないのです。その時に赤ちゃんに靴を履かせていなければ、足が汚れるし危ないので抱っこしてしまうことになります。せっかくつかまり立ちができるようになったのに抱っこされたら赤ちゃんもがっかりしてしまいます。もちろん危険な場所ではつかまり立ちもさせられませんが、安全な場所でなら赤ちゃんのそばにいて、どんどんやらせてあげたいですよね。

赤ちゃんの初めての靴

赤ちゃんの初めての靴、ファーストシューズはどのようなものが良いのでしょうか。
これは赤ちゃんだけに限ったことではありませんが、一般的にはぴったりサイズの靴ではなく、靴のつま先に0.5cmほど余裕のあるものが良いとされています。また、初めて地面に足をつけて歩く赤ちゃんにはかせる靴は靴底が曲がらないものでは歩きにくくなります。そのため靴底が赤ちゃんの足の指の付け根部分でしっかり曲がるものでなければいけません。歩き始めたばかりなのに危ないところを歩かせるわけではありませんので、赤ちゃんの初めての靴の靴底は柔らかいものにしておきましょう。

赤ちゃんの室内用ファーストシューズ

まずは室内用のファーストシューズで靴を履くことに慣れさせましょう。慣れさせると言っても、赤ちゃんに靴を履かせて無理に歩かせるのわけではありません。楽しい気持ちで履くことができるように、赤ちゃんが靴の感触に慣れるように短時間だけ履かせてみましょう。

チケット付無地ファーストシューズ【11.5cm・12cm・12.5cm】【くつ】 ¥699

● 素材 生地部分 綿・ポリエステル 足底 合成皮革 ● 室内用 ● 軽くて履きやすい綿素材のファーストシューズです♪

通販サイトをチェック
[ディズニー]パイル地ファーストシューズ(ミッキー・ミニー)【11.5cm・12cm・12.5cm】【くつ】 ¥999

● 素材 甲布 合成皮革・綿 底材 合成底・合成皮革 ● 軽くて履きやすい綿素材のファーストシューズです♪ ● たっちを始めた赤ちゃんの室内履き練習シューズ。 ※屋外での使用には適しておりません。 ● 中国製 [351-UZA71]

販売終了

赤ちゃんの屋外用ファーストシューズ

赤ちゃんが靴を履くことに慣れてきたら、屋外用のファーストシューズの出番です。この靴を履けば外で歩けると分かった赤ちゃんは、靴が大好きになることでしょう。お出かけしたいときは自ら玄関に行って靴をゆびさしたり、靴を履くしぐさを見せるようになります。

【ホットビスケッツ】ホットビロゴ刺しゅう入り☆ファーストベビーシューズ(11.5cm-13cm) ¥6,372

よちよちからあんよをしだした赤ちゃんへ♪シンプルでカラフルなファーストベビーシューズです☆甲ベルトには「HOT BISCUITS」のロゴ刺しゅう入り。つま先が少しあがっているので、歩き始めの赤ちゃんも歩きやすい仕様。ファーストシューズとして、たっちやあんよの練習にお使いいただけます。

通販サイトをチェック
公式ショップ【ミキハウス】フラワーうさこ♪ファーストデニムベビーシューズ(11.5cm-13.5cm) ¥9,180

面ファスナーで履き口が大きく開くので、着脱も簡単◎歩行をサポートする、たくさんの機能も充実していますよ!うさことお花が可愛いですね♪ギフトにもオススメのファーストシューズです☆

通販サイトをチェック

赤ちゃんの靴のサイズアップ

赤ちゃんの靴のサイズ表

新生児~3か月 : 8~11㎝
3か月~ 6か月 : 9~12㎝
6か月~ 1歳半 :11~13㎝
1歳半~ 2歳  :12~14㎝

赤ちゃんの靴のサイズの目安はこのようになります。
おうちで赤ちゃんの足のサイズが測れなくても、子供用の靴がある靴屋さんには赤ちゃんの足を置くだけでサイズを測れるものがありますので、それを利用すると良いでしょう。

赤ちゃんの靴のサイズアップの時期

赤ちゃんの足のサイズは生後6か月までは1か月に1㎝前後の伸びがありますが、ファーストシューズを履く頃の7か月以降はもっとゆるやかな伸びになっていきます。ですから目安としては、大体3か月ごとに靴のサイズを見直していくのが良いと思われますが、身長体重と同じように足のサイズアップも赤ちゃんによっても差があります。赤ちゃんはまだ自分で靴を履けないので、ママが靴を履かせるたびにつま先に余裕があるかなどをチェックしてあげると良いでしょう。

赤ちゃんの靴を記念に

今回は赤ちゃんの靴を準備する時期と、初めて履く靴であるファーストシューズについて、赤ちゃんの靴の選び方とサイズアップの目安について紹介いたしました。
赤ちゃんの成長は速く、つかまり立ちが出来るようになったら、もう赤ちゃんに靴を準備する時期です。赤ちゃんの初めての靴、ファーストシューズはとても小さくて可愛くて、きっと記念にいつまでもとっておいて眺めていたくなるに違いありません。赤ちゃんがこれからどんなに大きくなっても、その靴を見たときに成長が感じられて、子育ての大変さも忘れさせてくれるのではないでしょうか。
赤ちゃんの頃の大切な思い出となる靴、ファーストシューズに素敵な一足を選んでいただければと思います。

関連する商品
関連タグ
 次の記事へ 
jiman

子供大好きです。

RANKING

最近人気の記事ランキング

もっと見る

新着記事

最新の記事一覧

もっと見る
人気のまとめ

過去に人気を集めた記事をピックアップ

もっと見る
”Instagram”

タグ一覧

タグから記事をさがす

もっと見る
TOP